愛人体験「出会い系サイトで出会ったHカップ人妻と愛人に」

長い間付き合っていた彼女と分かれ数ヶ月が経ち、その後女性関係を持つことも無く日々を過ごしていました。

しかしながらやはり女体の柔らかさがどうしても恋しくなってしまい、出会い系サイトで愛人を探すことにしました。

出会い系サイトはやはりサクラなどのイメージが先行してしまいどうしても不信感が強かったのですが、街でナンパするほどの勇気も無かったので出会い系サイトに頼ってみました。

趣味が合いそうな人妻と連絡し、早速出会う約束を取り付け待ち合わせの喫茶店に向かいました。

そして衝撃のご対面。バストには自身があると彼女は言っていたものの、まさかのHカップ。

しかも胸が強調されるセーターでこちらを挑発。もちろん彼女もこの後何をするか理解していたのですが、それにしても淫猥すぎる光景に言葉が出ませんでした。

流石にいきなりホテルへ向かうのも気が引けますから、趣味の話をたくさんして、晩御飯を食べてから事に及びました。

女性経験が無かったわけでは無いのですが、愛人を持つという体験はいままでしてこなかったのですから、どこかインモラルな感じがして非常に興奮しました。

ホテルに着いた途端彼女に不意打ちして思い切り押し倒してみました。押し倒した流れで彼女を強く抱きしめると私が期待していた柔らかさが彼女にはあり、そしてまた私もそれに包まれました。

彼女の女体の柔らかさを堪能しきったあたりで息子がビキビキに。彼女もその様子に気がついたようで、まずは手コキでご奉仕してくれました。

一糸まとわぬ彼女の姿はどこか芸術的で、形の良い爆乳、乳輪と乳首のバランス、色、どれをとっても自分好みで大変興奮しました。

このような彼女と愛人になれるなんて素晴らしい体験をしていると現時点でも思います。

彼女と分かれてからオナニーもする気になれなかった私ですので、この時点で射精してしまいそうになり、実際我慢することができず彼女の体に思い切り射精しました。

ドロドロの精液でマーキングされた彼女は精液の量に驚いていましたが、うっとりした様子でこちらを伺います。

その様子にこちらも辛抱たまらず、ついに彼女に生挿入してしまいました。彼女も挿入を待ってましたと言わんばかりによがり狂います。

思い切りピストンするのも良いのですが、文字通り独り善がりになってしまってはいけないと思い彼女のスポットを探します。

すると彼女は奥が感じるようで、一生懸命奥を叩いてあげました。彼女は狂ったように悶えて最後には中に出すようにせがんできます。

私もその場に流されてしまい、思い切り彼女の子宮をめがけて種付けしました。

彼女は私と非常に体の相性が良く、今でも時間を見つけては愛人として彼女に接しています。このような体験ができて出会い系サイトには感謝の言葉しかありません。


可愛くてエロい愛人ができるアプリランキング!

可愛くてエロい愛人ができるアプリランキング
可愛くてエロい愛人が欲しい!でもどこで見つけたらいいか分からない。。。

そんなアナタのために、「可愛くてエロい愛人ができるアプリランキング」をランキング形式にまとめました!

可愛くてエロい愛人ができるアプリランキングは、誰でも簡単に最高の愛人を見つけられるウソのようなアプリです。

ランキングのアプリを1つではなく複数使うことで最高の愛人を見つける確率を上げるのがおすすめです!

  • ミントC!Jメール



    かわいい愛人が作れるNo:1の超優良アプリ!


    会員数が業界最大規模で、登録も完全無料!
    しかし何と言ってもこのアプリの特徴は、街頭で宣伝もしている有名アプリのため、愛人が欲しいギャルや女子◯生が圧倒的に多い♪ 迷ったらまずはこのアプリから登録をおすすめします♪


    公式サイトへの誘導ボタン
    ※18歳未満利用禁止
  • ワクワクメール



    エロい人妻を愛人にできるアプリ!


    優良アプリの中では珍しく、ワクワクメールには、「既婚者」という人妻限定の掲示板があるため、セックス好きの人妻を直接狙うことができます♪
    この掲示板を使う人妻は、エッチに飢えています♪
    私もこの掲示板を利用して、やらしい人妻を愛人にしちゃいましたw


    公式サイトへの誘導ボタン
    ※18歳未満利用禁止
  • メルパラ



    ピチピチのギャルを愛人できるアプリ!


    優良アプリのメルパラではギャルや小悪魔といったアナタの好みで検索する機能があるため、エロくてかわいいギャルや小悪魔系女子を簡単に見つけることができます♪
    私もメルパラでエロいギャルの愛人を作りました!


    公式サイトへの誘導ボタン
    ※18歳未満利用禁止

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ